人気ブログランキングへ

2007年09月26日

株式市場が静かになっています

株式市場が非常に静かになっています。

株価指数の変動率も落ち着いています。

日経平均で16500円が一つの壁になっているようです。

累積売買高が厚い水準です。

このところ、様子見気分が広がっているため、取引高が低迷気味です。

この水準がちょうど居心地が良いのかもしれません。

しばらくは、この状態が続くものと見られます。

次のきっかけをまっているということです。

こんなときは、じっくりと構えてあわてないことです。

無理にポジションを取らず、時期を待つのも一つの考えかたになります。

長期投資家にとっては、しっかりとファンダメンタルズを見極めることが重要です。

落ち着いて調査・分析をすることが大事になります。

今後数年間の方向性を見極めてから出動すれば、十分だと思います。

レバレッジをかけて投資されている方は、少しポジションを絞っておいた方が安全でしょう。

ボラティリティが下がっているからといって、油断すると、思わぬ波乱があるかもしれないと考えています。

一旦、落ち着いた後、大きく変動することはしばしばあります。

大ヤケドをしない程度のポジションが賢明です。

そもそも、大半の個人投資家に対して、大きなレバレッジ(手持ち資金の20倍を超えるような)をかけることは勧められません。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

日本ユニコムの投資セミナーで講演をすることになりました

10月13日(土)に日本ユニコムの投資セミナーで講演をすることになりました。

「個人投資家がプロと市場でどう戦うのか」というタイトルで70分の講演を行います。

個人投資家にとって大事な考え方について、説明します。

どなたでも参加できるセミナーですので、ご興味のある方はぜひ申し込んで下さい。

詳しくは下記URLをご覧下さい。

https://www.unicom.co.jp/fx/seminar/seminar4.html

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

週刊朝日9/28号にコメントが掲載されました

本日発売の週刊朝日9月28日号にコメントが掲載されました。

33ページから35ページにかけて『必読 株でもヤケドしない「損切り」の法則」という記事が掲載されていますが、その中に結構長めのコメントが載っています。

個人投資家向けの投資の心得がまとめられています。

損切りというのは、非常に難しい意思決定です。

だからこそ、投資を始める前に良く考えておくべきです。

市場を生き抜くためには、自分自身を良く理解しておく必要があることを強調しています。

年齢、年収、資産内容、好み、生き方、考え方・・・全てを見直すことが大事です。

自分自身を良く分かった上で、きちんとしたルールを作り、そのルールを守って戦って頂きたいと思います。

何の準備もなく市場に参戦するのは、余りにも無謀です。

自分の身は自分で守るしかないのが市場というところです。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 13:54| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ポッカコーポレーションのMBO

昨日のMBAカフェでポッカコーポレーションの堀雅寿社長が特別講演をして下さいました。

MBOの背景とその後というタイトルでお話をうかがうことが出来ました。

堀社長は、ポッカの非常勤取締役になって以来、企業改革に取り組んできた方ですが、2005年上期の赤字転落が見えた時点で、MBOを決断され、発表されたそうです。

そのときの決断のポイントとしていくつか挙げられた中で、印象的だったのは、「オーナー経営との決別」と「再上場を目指す」ということです。

要するに、MBOをそれまでの経営からの完全な脱却と捉えて、ゼロベースで再出発したということになります。

もちろん、それまで築いてきたポッカの財産を活かすことは間違いありませんが、手法を大胆に転換したということです。

ポッカの社員の意識改革が一気にできたというのも、大きかったようです。

むしろ、このことが、MBO(+EBO)の一番の効果なのかもしれません。

業績も事前の想定以上に急回復しているようです。

有利子負債にいたっては、MBOで100億円以上も借り入れたのにも関わらず、MBO以前よりもすでに大幅に減少しているそうです。

堀社長も慶應ビジネススクールの卒業生で私から見れば大先輩になりますが、コンサルタントから経営者への転身ということもあって以前から注目していました。

非常に真摯な姿勢で率直に語って頂き、大変勉強になりました。

ポッカが再上場したら、アナリストとしても取材したいと思います。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 13:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

MBAホルダーの交流会に参加しました

母校慶應ビジネススクール(KBS)の同窓会が中心になって開催しているMBAカフェという会に参加しました。

慶應のみならず、早稲田、一橋、青学、立教などの各ビジネススクールの卒業生が多数参加して盛会になりました。

今回で3回目ですが、最多参加人数だったようです。

私は初めて参加したのですが、何ら違和感もなく溶け込めました。

ビジネススクールの現役学生も参加していたのですが、さすがに元気な方が多くて頼もしく感じました。

次回は4週間後に開催されるとのことなので、ぜひ参加したいと思います。

ところで、開催場所が浜松町だったので、ブックストア談浜松町店を覘いてみました。

「100億円はゴミ同然」は、10冊程度残っていました。

確か最初に50冊仕入れて下さった(記憶が違っているかもしれませんが)はずですから、結構売れたようです。

8月の月間ランキングが掲示されていたのですが、新書の37位にランクインしていました。

お買上頂いた方々、誠にありがとうございます。

実は、7月末に同店に挨拶に伺ったのですが、同店のウェブサイトでは完全に無視されてしまいました(泣)。

やはり、無名の著者では仕方ないと判断されたのでしょうね。

ブックストア談浜松町店のスタッフの皆様、今度は著者来店で取り上げて下さいね。

次回までには知名度をなるべく上げておくように努力しますから。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤモンド「株」データブック2007年秋号

9月14日(本日)発売の『ダイヤモンド「株」データブック2007年秋号」で28社分の執筆をしています。

TIWのシニア・アナリストとしての活動です。

この本は、全体で1000社のデータと分析が記載されているものです。

文章だけでなく、株式投資に必要なデータも豊富に載っています。

ぜひ、ご活用下さい。

ダイヤモンド社さんとは、今後もいろいろな形で関わっていくことが多くなりそうです。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 00:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 執筆活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

「私の時間」という雑誌に記事を書きました

本日発売の「私の時間10月号(ヒロ・コミュニケーションズ刊)」に記事が掲載されています。

女性のファイナンスという企画で、「全ての成人女性は投資家?」というタイトルの記事を書きました。

意識していない人も多いかもしれませんが、日本に住んでいる成人は全て投資家なのです。

直接なにかに投資した覚えはないという方でも、年金という器を通して投資家になっているのです。

そうした話とともに、代表的な投資対象として、債券、株式、投資信託の基礎知識についての説明を書きました。

「私の時間」という雑誌は、女性向けのもので、隔月間です。

今回からとりあえず1年間の連載ということになりました。

女性のためのファイナンス入門という位置づけの企画です。

連載は初めてなので、気合を入れて書いていこうと思います。

女性向けということですが、全ての人にとって役立つものにしたいと考えています。

ぜひご覧下さい。

ちなみに、今月号から松本侑子さんの連載もスタートしました。

松本さんは、筑波大学の2年先輩です。(私は学部レベルは筑波大、大学院は慶應です)

少人数の大学だったので、良く覚えています。

社会学類というところを卒業しているのですが、一学年80名程度ですから、同時期に在学した人とは大体面識があります。

松本さんは当時から大変華やかな方でしたので、とりわけ印象に残っています。

もっとも松本さんの方は、私のことなど全く記憶にないと思いますが・・・

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 21:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

月刊ファイナンシャルマガジンにインタビュー記事が掲載されました

日本ファイナンシャルアカデミーという会社がウェブマガジン「月刊ファイナンシャルマガジン」を発行しています。

その10月号に私のインタビュー記事が掲載されました。

ベストセラー著者に聞くというコーナーで取り上げて頂きました。

「100億円はゴミ同然」の著者として語らせて頂きました。

簡単な経歴と現在の事業内容、本書を執筆するに至った経緯などを語っています。

また、金融プロフェッショナルとして独り立ちするには、1万時間の張り詰めた経験が必要だということも話しています。

金融のみならず、プロとして活動するには高いハードルがあるということです。

詳しくは、記事をご覧下さい。

http://mag.financialacademy.jp/0710/bs_071007.html

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読売の書評がウェブにもアップされました

昨日読売新聞に掲載された書評が、本よみうり堂のウェブサイトにもアップされました。

http://www.yomiuri.co.jp/book/paperback/20070909bk0c.htm

読売新聞を見逃した方、どうぞご覧下さい。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 16:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

読売新聞の朝刊の書評欄に紹介されました

「100億円はゴミ同然」が読売新聞の書評欄に紹介されました。

9月9日(日)朝刊の21面に掲載されています。

これまで広告以外は新聞に掲載されたことがなかったので反響が楽しみです。

(来週には複数の雑誌に記事が掲載される予定です。)

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 14:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 執筆活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

北海道に行ってきました

今週は、日曜日から金曜日まで訳あって北海道に行っていました。

北海道と言っても大変広いので、もう少し特定すると、札幌、小樽、函館を回ってきました。

幸い天候に恵まれ、移動は非常に快適でした。

小樽から函館はレンタカーを借りて、自分で運転したのですが、ほとんど休憩らしい休憩も取らずに一気に走破できました。

250Kmもあるのに、ほとんど疲れも感じないほど快適でした。

やはり、渋滞もなく、ゆったりとした気分で走ると、違うのかもしれません。

移動がスムーズだったので、多少スケジュールに余裕が出来ました。

そこで、空き時間に書店をいくつか覘いてみました。

やはり、自分の著作が気になるからです。

全く違う目的で北海道に行ったのに、書店巡りは止められません。

ほとんど反射的に書店でチェックしています。

函館では駅中の書店にも置いて頂いていましたが、在庫が1冊になっていました。

5冊仕入れたらしいです。

売り切れの書店もあるようで、友人・知人からも何度か指摘されました。

まだ増刷の決定に至っていないので、店頭在庫は十分残っているはずですが、場所によってバラつきがあるようです。

機会損失と返品リスクのどちらを重視するのかということですね。

悩ましいところですが、出版社側が決めることなので、静観するしかありません。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 00:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。