人気ブログランキングへ

2016年07月12日

クラウドファンディングについてB

クラウドファンディングシリーズの第3回です。

今回は、時間軸について取り上げます。

これからクラウドファンディングの検討を始めると仮定して、全て完了するまでどの位かかると思いますか?

もちろん、ケースバイケースだと言ってしまえばその通りですが、大雑把な目安がないとビジネスとして検討できないですよね。

結論から言うと、資金の受取まで完了するには、3〜6か月程度見込んでおいた方が宜しいかと思います。

事前の知識がかなりあって、動員できる中核メンバーも多いというケースで、ギリギリ3か月といった感じです。

普通は4〜5か月程度だと思います。

もっとも、この時間設定は、相当なスピード感を持って進行していくことを前提としています。

ゆっくり取り組んだら、一年かかるかもしれません。

いや、そんなにかかったら途中で断念してしまうかもしれませんね。

明確な資金ニーズ(資金使途の想定)があるとしたら、そこまで時間をかけていられないのが普通でしょう。

最初に時間がかかるのは、全体の「ストーリー」を明確化するプロセスです。

クラウドファンディングを成功させるには、多くの人々に共感してもらうことが不可欠です。

どれだけ共感できるかによって、支援者の数、支援額が大きく左右されます。

製品・サービスの本質的な魅力度ももちろん大事ですが、それをどのように伝えることができるのかということで、結果は変わってしまいます。

開発者の想い、開発秘話(トラブル等)、なぜ支援が必要なのか、支援する側のメリットといったことをストーリーの中に盛り込みます。

その上で、どのような人々に支援してもらいたいのかということも明確化していきます。

顧客ターゲットを明確化しなければ、ビジネスはできませんよね。

そして、明確化したターゲット層に情報を届ける手段を検討します。

プレスリリース、SNS、メルマガなど手段はいくらでもありますが、狙っているターゲットに届かなければ意味がありません。

テキスト情報だけでなく、画像、映像を活用することも必要になります。

こうしたコンテンツの準備にも相応の時間がかかります。

「支援してくれる可能性が高い人々=ファン層」を構築するには、時間と手間をかけるべきです。

静止画をきれいに撮ることも簡単ではありませんが、動画作成にはそれなりのノウハウも必要になります。

コストはかかりますが、どちらもプロの手を借りることが多いでしょう(必須とは言いません。予算次第です)。

その一方で、キャンペーン画面の構成を考えていくことも必要です。

キャンペーン画面を初めて見る人が、支援(購買)行動に至るというのは、簡単なことではありません。

動機付けの部分には、力を入れておくべきです。

こうした準備には、かなり急いでも1か月から2か月近くかかります。

さらに、ローンチ前には、さまざまなツールで事前の盛り上げを演出します。

こうした期間を考慮すると、クラウドファンディングを決断してからローンチまでには、どんなに急いでも2か月近く、通常のプロセスなら3〜4か月程度かかってしまいます。

クラウドファンディングキャンペーンは、30日〜60日開催します。

さらに、資金の受領には、1か月近く(最短2週間程度)かかります。

トータルでは、3か月でも厳しくて、4〜5か月見込んでおいた方が賢明です。

もちろん、私共がお手伝いする場合は、出来る限り速やかな進行を目指します。
posted by T・C・マネジメント at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。