人気ブログランキングへ

2010年11月02日

あまり話題になりませんが

全く話題に上らなくなりましたが、今年もインフルエンザの季節がやってきました。

今日、予防接種を受けてきました。

用心するに越したことはありませんからね。

まあ、それでも罹患することもあり得ますが、可能性を低くするだけでも価値はあります。

独立していると、仕事に穴を空けるわけにはいきません。

仕事を休む=収入がなくなる

ということですから、体調を整えることは、生き抜くための必要条件です。

当たり前のことですが、改めてリスクを取っている現実に気付きます。

自分で選んだ生き方ですから、後悔のないように、全力を尽くします。

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 19:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

高瀬義昌先生と飯島治先生の出版記念パーティに出席

昨日、訪問医療など幅広い分野で御活躍の高瀬義昌先生と飯島治先生の出版記念パーティーに参加しました。

ITヘルスケア学会の第1回総会以来のお付き合いですが、両先生の交友関係の広さに感服しました。

昨晩は、文字通り盛会で医療のみならず多方面で御活躍の方々が、出席されていました。

とりわけ驚いたのは、能楽囃子大倉流大鼓、重要無形文化財総合認定保持者の大倉正之助さんが高瀬先生のご友人(バイク仲間)としてご出席されていたことです。

しかも、大倉さんは、その場で生演奏を披露して下さいました。

初めて間近に見た演奏は、鬼気迫るものがあり、圧倒されました。

ところで、医療関係の方々と交流しているといつも感じることですが、真面目で真剣に社会的貢献を考えている人ばかりです。

その熱意を活かすためにも、医療政策を正しい方向に導き、仕組みとして機能するようにしていく必要性を強く感じます。

また、個別の医療機関の経営についても、いろいろと手を入れる余地がありそうです。

医業と経営というのは両立が難しい課題です。

経営コンサルタントとしても、お役に立ちたいと願っています。

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 14:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

2009年度の医療費(概算):35兆円は多いのか

厚生労働省の統計によれば、2009年度の医療費概算額は35.3兆円となりました。

35兆円という金額は、絶対額としては莫大なものです。

しかしながら、国家レベルの数値としては、どう評価すれば良いのでしょうか。

以前も当ブログで書いたことですが、先進各国との比較において、この数値は決して大きなものではありません。

もっと正確にいうと、対名目GDP比率でみると、先進国の中では最低レベルになります。

多くの先進国では、対名目GDP比率が10%前後に達しています。

米国では、15%を超える水準です。

米国は突出していますので、仮に10%が妥当とすれば、日本の医療費は50兆円でもおかしくないということになります。

これは単純計算ですから、必ずしも正しいとは思いません。

しかしながら、35兆円が驚くほどの金額でないことも確かです。

むしろ驚くべきは、この程度の金額で、今のような高水準の医療サービスを受けることができる点です。

日本の医療は平均的には世界でも最高水準だとされます。

高度先進医療に関してはやや分が悪いのですが、国民皆保険がほぼ実現していることもあり、比較的少ない負担でかなり高い水準の医療を受けることが可能な仕組みになっています。

ところで、医療サービスは、それ自体が大きな産業になっています。

医療は完全な営利事業ではありませんが、非営利というわけでもありません。

医療をビジネスとしてとらえた場合、実は大きなチャンスがあるのです。

一例をあげれば医療ツーリズムがあります。

中国などの富裕層を対象に、医療ビザを発行し、日本で高度な医療サービスを受けてもらうというビジネスです。

高額な費用を払える人だけが対象になりますが、それでも日本で医療を受けたいというニーズは相当ありそうです。

また、医療はビジネスとして評価されてこなかったため、非効率性がかなり残されています。

非効率を正すだけでも、収益性の相当な改善が見込まれます。

もちろん、利益を追求すれば良いということではなく、その利益を社会全体に還元していくことが大事であることはいうまでもありません。

ただ、利益を上げ続けないと、社会的に価値が高い事業(医療)も継続することができません。

将来のための投資をしながら、事業を継続するには、ある程度の利益(キャッシュフロー)を確保しなければなりません。

質の高い医療を実現し、継続していくためにも、非効率を排除し、適正な利益(キャッシュフロー)を上げていくべきなのです。

もちろん、患者(国民)の負担をどうやって軽減するのかも考えないといけません。

非効率性の排除は、その面でも資するものがあると考えられます。

無駄な費用を削り、本質的に高い水準のサービス実現に向けた投資を続けることが大事です。

ビジネスマインドを医療界に取り入れることが必要だと強く感じます。

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

医療経営戦略研究所主催のセミナー:7月10日(土)

7月10日(土)、医療経営戦略研究所主催の「事業承継・財務セミナー」にて講師を務めることになりました。

今回のセミナーは、都内で透析医療を営むクリニック・病院の院長先生を対象にした少人数制(10名限定)のものです。

以前から、事業承継が重要なテーマになるということを当ブログでも何度か書いてきました。

今回、透析クリニック・病院に対象を絞り込んでいますが、事業承継がこの分野でも喫緊の課題となっているという認識を持っています。

院長(経営者)の高齢化が進んでおり、近い将来の事業承継が現実的に見えてきたといった状況です。

透析医療を取り巻く環境は、決して生易しいものではありません。

厳しい時代の事業承継には、それなりの覚悟を持って臨む必要があります。

覚悟と書きましたが、もちろん正しい認識・知識があることが前提です。

経済環境、国の政策といったマクロ要因をきちんとフォローする必要があります。

加えて、具体的な承継方法や考えうる選択肢についても、包括的な理解が望まれます。

今回のセミナーでは、そうした幅広い内容を正面から取り上げてみます。

透析クリニック・病院の院長先生方、ぜひ、ご参加下さい。

ご参加にあたって、ファイナンス・財務等に関する専門知識は、一切必要ありません。

開催日程は、

7月10日(土)午後2時〜5時

です。

連絡先は下記の通りです。

株式会社医療経営戦略研究所

■会社概要
本部 〒114−0014
東京都北区田端1−21−8 NSKビル4F
TEL 03−5815−4086
代表取締役 櫻堂 渉

上記までお電話頂くか、下記URL(メールフォーム)よりお問い合わせ下さい。

http://www.i-hms.com/contact/inquiry.htm

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 12:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

日本透析医学会学術集会・総会

昨日、「第55回日本透析医学会学術集会・総会」に参加してきました。

神戸ポートアイランドで開催されたので、久しぶりにポートライナーに乗り、現地まででかけました。

今回の参加目的は、透析医療機関の経営に関する討議を聞くためです。

非常に参考になり、勉強になりました。

透析患者は、国内に30万人近くいます。

その医療費の大半は、公的に支援されています。

かつて、透析医療は高収益だといわれていました。

しかし、診療報酬が段階的に引き下げられ、コスト高騰もあって、経営的に厳しさを増しています。

大切な医療インフラが経営的に安定性を欠いているというのは、決して望ましい状況ではありません。

現状を正しく認識した上で、将来に向けて適切な戦略・戦術を展開していかなければ、生き残りは難しくなります。

医師だけの責任ではありませんし、国だけの責任でもありません。

社会全体として、あるべき医療の姿を模索していくべきです。

そうした意味で、今回の真剣な議論を聞くことができたのは、大変大きな収穫でした。

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

江戸城天守閣再建プロジェクト



このプロジェクトですが、以前から注目しています。

障壁が多数あることは承知していますが、何としても実現してもらいたいと考えています。

歴史的建造物の再建というのは、夢があると感じます。

また、現代の建築技術がどの程度通用するのか、非常に興味があります。

実用性はあまりないのでしょうけど、「価値」はあるのでは。

坪井信行

人気ブログランキングへ
ラベル:江戸城 天守閣
posted by T・C・マネジメント at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

ITヘルスケア学会の年次学術大会

今日は、ITヘルスケア学会の第4回年次学術大会に出席してきました。

今回は、東京医科歯科大学のキャンパスで開催されました。

医療・介護に関わる様々な分野でのIT活用の取り組みや成果が発表されています。

個人的にも参考になる論点が非常に多く、実りある一日となりました。

医療・介護などヘルスケア分野の経営について、研究すべきテーマをいくつか持っています。

全てを解決することは困難ですが、少しずつでも解明していきたいと考えています。

ヘルスケアは、日本の将来を支える大きな領域です。

確かに負担も重いのかもしれませんが、経済全体に占めるウェイトは長期的に大きくなるはずです。

雇用吸収力もあり、国民福祉にも直結するため、国家戦略としても重要になってきます。

ヘルスケアに関しては、もっと積極的に多面的な議論をすべきですね。

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 21:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

医療法人社団博美会が破産手続き開始決定

「神奈川クリニック眼科」などを運営する医療法人社団博美会が破綻したそうです。

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3271.html

帝国データバンクによれば、負債は約68億円とのこと。

医療法人の破綻は、昨年来高水準で推移しています。

美容外科に関しては、すでに事業譲渡済みとのことですが、レーシック治療の競争激化で、立ち行かなくなったようです。

レーシックに関しては、イメージの悪化が響いたのではないでしょうか。

短い記事なので、詳細は分かりませんが、基本的な経営感覚が欠けていたのではないかと推察されます。

投資の意思決定とキャッシュフロー管理に問題がありそうな感じがします。

ヘルスケア関連では、決して珍しい現象ではありません。

経営におけるバランス感覚の欠如が目立つ業界でもあります。

今後も経営が立ち行かなくなる医療法人が増加すると予想しています。

坪井信行

人気ブログランキングへ
posted by T・C・マネジメント at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

「医療ビザ」創設検討:2010年4月25日日経朝刊

今日の日経朝刊1面に、「医療ビザ」創設検討という記事が出ていました。

記事にもある通り、医療目的の外国訪問は、世界的に広がっています。

アジアでは、記事の韓国、インドに加えて、タイも積極的に取り組んでいます。

日本の医療インフラは、これらの国々と比べても高品質で整備されているため、以前からこうした議論はありました。

医療サービス産業として捉えると、可能性は非常に大きいものです。

中国の富裕層などは、日本での医療サービスを望んでいるとも言われています。

観光と併せて、メディカルツーリズムを発展させるのは、国益にも適ったことだと思います。

もちろん、医療インフラは国民の大切な財産という面もありますので、海外からの顧客によって国内の患者が締め出されるような事態は避けなければなりません。

その辺りの調整を上手くやりつつ、高額な医療機器の稼働率なども睨みながら、進めていくことが求められます。

MRIやPETのような検査機器は、稼働率を上げることで平均コストを下げることも可能だと思います。

純粋なサービス業としてみると、高いレベルのサービスを低廉な価格で提供する仕組みを作ることで、発展が促進されると考えられます。

その仕組み作りには、機器等への設備投資だけでは不十分で、投資に見合う需要を創出することが必要になります。

国内市場だけに目を向けていたのでは、先細りになりかねません。

高品質で割安なサービス体系を維持することも難しくなります。

反対意見もあるようですが、大局観を持って判断して欲しいと思います。

坪井信行

人気ブログランキングへ

posted by T・C・マネジメント at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。