人気ブログランキングへ

2013年02月28日

来年度研修の問いあわせを頂く時期になりました

ここ数日、来年度の研修等の問い合わせを相次いで頂いております。

ちょうど来年度予算の策定時期にもあたるため、早めに打診を頂いているのではないかと思います。

例年、この時期はそうした問い合わせがあるのですが、今年は件数が多くなっているように感じます。

研修に対して積極的な姿勢に転じてきたのかもしれないと期待しております。

人に対する投資は、本来景気動向に左右されることなく実施されるべきものですが、ここ数年は抑制ぎみだったようです。

M&Aや提携案件の動きも活発化しているので、きちんと対応できるように前倒しで準備を進めているところです。

世の中の雰囲気は確実に上向きですね。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

PLだけしか視野に入らないのは・・・

ほとんどのビジネスマンは、PL的な発想で日々動いているように感じます。

収益、費用、利益という要素抜きにビジネスは成り立たないわけで、ある意味当たり前ですね。

ただ、それだけでは不十分あるいは不適切な場面が多々あるのも事実です。

経営者レベルに近くなればなるほど、PL的発想だけでは通用しなくなります。

たとえば新規に事業を立ち上げるとき、事業の組み立てを考えなければなりません。

事業の組み立て=ビジネスモデルの設計は、PL的要素も大事ですが、違う視点も求められます。

つまり、どのような経営資源をどのように持ち、どんな使い方をしていくのかということを考えなければなりません。

それは、言い換えると、どのような資産をどのように活用してビジネスを営むのかということです。

さらに、資産を取得するにはその裏付けとなる資金(資本)が必要です。

資本は言うまでもなく天から降ってくるものではなく、何らかの方法によって調達すべきものです。

資本をどのように調達し、何にどんなタイミングで投下するのかという発想がないと、ビジネスは回りませんよね。

資本・資金の使途は、必ずしも資産ではなく、費用になることもありますが、どのような資金使途をどういったタイムスパンで考えておくべきなのかというのも事業の組み立てのひとつの側面です。

このあたりの感覚が磨かれると、ビジネスマンとしては一段高いレベルに昇る感覚があります。

PLだけでなく、BSやCFも視野に入ると、動き方が変わります。

研修やコンサルで感じたことを書いてみました。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

本当に久しぶりの更新です

本当に久しぶりの更新になってしまいました。

厳しい守秘義務のある仕事が多かったことがきっかけですが、更新自体の手間が面倒だったことも否定できません。

あまりに長く更新しないで放置したため、みっともない状態になっていることに気づきました。

今後は、不定期ですが、更新していきます。

ブログのゆったりした時間感覚も良いものですからね。

最近の仕事ですが、時間の面では、7割程度をコンサルティング業務につぎ込んでいます。

残りの3割は研修業務です。

ただ、この二つの業務は相互に連携することも多いので、かなり重なる部分もあります。

同じ顧客に対して、コンサルティングの一環として研修サービスも提供するというのが典型的なパターンです。

研修のテーマも以前に比べると、かなり広くなっています。

独立当初は、意識的に絞り込んでいたのですが、現在は、柔軟に対応しています。

コンサルティングに関しては、具体的な案件の内容は書けませんが、経営戦略の策定やM&Aアドバイザー等が軸になっています。

こちらは、以前から手掛けてきた業務を深堀りしています。

では、また!

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

このトンネル良く通るんですよね

東京の今日の雨は、本当に激しかったですね。

最近にない豪雨でした。

この記事のトンネル、出張で羽田空港を使うとき、必ず通る場所です。

人ごとではありません。

自然の猛威には敵いませんが、設計上の想定を変更すべきかもしれないと思います。

最近の雨の激しさを考えると、排水能力を数倍に設定しないとこうした水没事故が頻発する可能性があります。

コストとの兼ね合いも大事ですが、交通量も多く、人命に関わることですから、優先順位は高いのではないでしょうか。

財源難の中、簡単ではありませんが、メリハリをつけた対応が望まれます。

もちろん、東北の復旧・復興が最優先であることに異論はありません。

東北の復興を成し遂げつつ、東京を始めとした大都市のインフラも脆弱性を克服しなければ。

難しいけど、本気で取り組むべき課題ですね。
posted by T・C・マネジメント at 21:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

近所のガソリンスタンドにて・・・大丈夫なのだろうか・・・

久しぶりのエントリーです。

先ほど、近所のガソリンスタンドで、危ない場面に遭遇しました。

洗車機を使った後、残った水分の拭き取りをしていたのですが、すぐ横にベンツが停車しました。

ガソリンスタンドですから車が止まることは別に不思議ではないのですが、のどや鼻をつくようなにおいが漂っています。

従業員がただならぬ気配で数人集まってきました。

見ると、ベンツからガソリンが大量に漏れ出しています。

運転していた男性(老人)によると、何かにぶつかってタンクが破損したようです。

満タンに入っていたそうで、みるみるうちにあたりにガソリンが流れ出していきます。

ちょろちょろと漏れているのではなく、ジャバジャバと漏れているという感じに見えます。

実際漏れている音まで聞こえました。

これはもし火がついてしまったら大変な事故になると思い、従業員に

「中和剤を使ったほうが良いのでは」

と言うと、

「ガソリンだから中和剤なんかない」

と怒鳴り返されてしまいました。

消防への連絡(ガソリンが外に漏れ出した場合は必須です)もせず、あたふたとしている様子からは、おそらく何の専門知識もないのだろうという気配が濃厚です。

いわゆる中和剤というのは、油処理剤のことですが、これだけ大量に漏れた場合、油吸収マット等と併用するのが普通の処理のような気がします。

消防に連絡が必要なのは、側溝等に流れ込むことでリスクが拡散する可能性もあるからです。

(もちろん、その場で発火してしまった場合、どちらにしても消防への連絡は必要になります。)

巻き込まれたら大変なので、早々に引き揚げました。

世田谷区代沢4丁目のENEOSフロンティア東京第1D.Dセルフ下北沢SSで今日(7月9日)午後4時半過ぎに起こったことです。

いくらセルフサービスのスタンドでも、こうした対応はありえないと思います。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 17:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

人それぞれといってしまえばそれまでですが・・・

自粛ムードが強すぎますね。

いくらなんでも、行き過ぎだと感じます。

被災者の方々に哀悼の意を表するという意味では、異論がないところですが、自分たちの行動の結果がどういった事態を招くのかということを真剣に考えなければなりません。

他人からどう見られるのかを気にするあまり、最悪の選択をしてしまうことが多いのではないでしょうか。

どんな状況であれ、生活していかなければなりません。

被災者に寄り添いたいという気持ちを持っているなら、もっとお金を使いましょう。

すべてはつながっていることです。

経済活動を活性化することこそが、真の被災者支援になります。

自己満足のために自粛をしても、誰も喜びません。

この記事のタイトル通り「人それぞれ」で判断すればよいことではありますが、現状を鑑みると黙っていられない心境です。

日本のGDPの約6割は個人消費です。

個人消費が冷え込めば、企業収益、設備投資等の投資活動、賃金・雇用などすべての経済活動に深刻な影響をもたらします。

その結果、被災地の復旧、復興は遠のくことになってしまいます。

今はやせ我慢をしてでも、無理やりにでもお金を積極的に使う時期です。

節電を意識するなら、(電力供給能力が大幅に余っている)深夜に消費をしましょう。

東電や東北電力のサービス地域以外の方は、そんなことも関係なく消費すべきです。

飲食業やサービス業は、全国的に深刻なダメージを受けています。

都心の飲食店などは、閉店が相次いでいるようです。

このままでは、個人経営のお店は全滅に近い状態になっていまいます。

新年度に入った企業・組織も多いはずです。

歓迎会などは、ぜひ積極的に実施しましょう。

積極的な行動こそが日本を復活させます。

絶対に萎縮してはいけません。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

自分の頭で考えよう:幅広い情報が前提

原発関連で、人々の不安が高まっていますね。

政府や東電からの情報発信については、信頼性を疑う声も絶えません。

トラックレコードが悪いといってしまえば、それまでですが・・・

政府、東電からの情報をきちんと理解することも大事ですが、もっと幅広い意見・見解を知っておく必要性も感じます。

地上波テレビ局や主要新聞各紙の情報は、あまり大きな違いがないため、それ以外のソースも見ておくべきでしょう。

ある程度、極端な意見も含めて、幅広い情報を取り入れることが肝要です。

その上で、自分の頭で考えて判断すれば良いわけです。

具体的には、テレビなら地上波だけでなく、CSの番組も見ておくと、多様な意見を聞くことができます。

また、活字メディアとしては、週刊誌も参考になります。

ネット情報は、いい加減なものも多数含まれるため、見極めが大事です。

基本的には、匿名情報ではないものから、選択すると良いでしょう。

匿名情報もすべてダメではありませんが、時間に限りがある場合、確率の高いものから選んだほうが賢明です。

感情に流されず、かといって、公式見解を盲信することもなく、自分自身で判断しましょう。

posted by T・C・マネジメント at 13:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

大阪市議会議長 長田義明氏



コメントの必要すらありませんね。

人としてどうなのかというレベルです。
タグ:震災 人格 品性
posted by T・C・マネジメント at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの記事執筆です

東日本大震災で被災された方々に、お見舞い申し上げます。

被災された方々に対しては、言い尽くすことができない思いを持っています。

あえて現時点で長々と書くことは、差し控えたいと考えています。

とはいえ、その影響は、直接・間接を含めて、激甚なものがあり、まったく言及しないわけにもいきません。

私たち日本人は、非常に難しいバランス感覚を求められています。

一例をあげれば、東日本において電力消費を抑制することは必要不可欠ですが、その結果、経済活動がさらに停滞し、長期的な落ち込みをさらに大きくする可能性があります。

一方で、復興のために莫大な資金が必要となることも含めて、日本全体としてみれば、むしろ活発な経済活動が求められています。

直接的には被災していない西日本で必要以上の自粛ムードを危惧する声が上がっているのは、至極当然の話です。

買占めのような行為は論外として、通常の生活を引き締めすぎることは、被災地に対する支援にはなりません。

どんな状況であれ、経済活動を停止することは不可能です。

被災地を含めた日本の将来を懸念するなら、ぜひ日常生活を普段通り進めて下さい。

大規模停電を防ぐための節電や、被災地に必要な物資を供給することを優先するのは言うまでもなく大事なことです。

しかしながら、必要以上に委縮することは、むしろ復興の妨げになります。

新しい日本を作り上げるためにも、経済活動を活性化させる努力をしましょう。

各論については、考えていることを順次書いていきます。

坪井信行
posted by T・C・マネジメント at 14:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

統計データの見方は気をつけなければ



この記事、一見するともっともなことを言っているように見えます。

もちろん、覚醒剤の恐ろしさや深刻さについては、まったく異論ありません。

ちょっとおかしいのは、日本の高齢化を織り込んでいない点です。

90年代に20歳代だったひとたちが、今40歳代に差し掛かりつつあるということを無視していますね。

(20年前に20歳なら今40歳というのは、当たり前ですね。)

ちなみに日本人の平均年齢は45歳程度ということですから、40歳以上の人の比率が半分以下ならむしろ少ないともいえます。

同年齢の人口に占める犯罪発生率を比較しないと、中高年層の薬物犯罪が増えているのかどうかは、正確にはわかりません。

多分、統計的な補正はしているのだと思いますが、誤解を招きかねない記事だと思います。

読む側のリテラシーの問題だといわれれば、それまでですが。

数字は解釈次第でどのようにも使えたりします。

気をつけるに越したことはないでしょうね。

坪井信行

posted by T・C・マネジメント at 13:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。